数珠

納骨堂は家族と再開できる場所|今時のお墓情事

近しい人だけで送る葬儀

蝋燭

参列者とのトラブルに注意

門真では、家族葬を行うケースも増えてきました。そこでは、参列者を限定することによる、トラブルにも注意する必要があります。葬儀のことを知らせる範囲が難しく、参列したかった人から後でクレームを受ける可能性も考えられます。また、後から弔問に訪れる人が多くなるケースも少なくありません。結果的に負担が大きくなることも、しばしばです。こうしたことを避けるためには、家族葬を行う前にしっかりプランを立てることが大切です。家族葬のことをどの範囲の人まで知らせるのか、葬儀の規模とのバランスをとりながら、決めていきましょう。その際は、参列できない人へのケアはどうするかも考え、不快な思いをする人がいないようにしていきたいものです。

メリットの多い葬儀形式

家族葬は、家族や近しい親族、友人や知人のみで行う比較的規模の小さい葬儀です。参列者の数が抑えられるため、葬儀規模が縮小され、費用が節約できるのが大きな特徴で、門真で人気となっています。葬儀スタイルは、他の形式のものに比べ、自由度が高いのが特徴です。しきたりや体裁にこだわることなく、最後の見送りができます。生前、故人が望んでいた別れの場を演出しやすいのが、魅力と言えるでしょう。また、親しい身内だけで故人を偲びつつ、ゆっくりお別れができるのもメリットです。多くの参列者への対応で気疲れなどすることなく、肉体的、精神的負担も軽くできます。門真には、これらのメリットを十分享受できる家族葬プランを用意している葬儀会社が複数あります。門真で葬儀を検討する際は、ぜひ相談してみましょう。