線香

納骨堂は家族と再開できる場所|今時のお墓情事

お骨を納める場所

手を合わせる人

通いやすさを考える

納骨堂とは、故人のお骨を納める場所になります。外に設置されるお墓とは違って、納骨堂は室内にあるので墓石などが劣化することが無く安心して遺骨を納めることが出来ます。宗教的な制約が一切ないことや、生前に家族でも個人でも購入することが出来るという良さがあります。管理費や維持費が比較的低く設定されていることもあるので使いやすく、子供が嫁いで遠くにいるような場合、独身で他に供養してくれる家族が居ない場合などにも使われます。納骨堂を決める際は、実際に納骨堂を見学して雰囲気を見たり交通状況を調べてから最終的に決めるようにすると後々通いづらくなることもなくなり好きな時にいつでも通うことが出来るようになります。

種類を知っておく

納骨堂と言っても、いくつか種類があります。主に、仏壇式とロッカー式、機械式、合葬式、位牌式のものがあります。仏壇式のものは、立派な仏壇があることと安置出来る空間が広いことから使いやすさがあります。ロッカー式は、コインロッカーのような感じで同じような大きさのスペースが使えるようになっておりコンパクトな見た目です。機械式は、遺骨が機械でお参りスペースに運ばれてくるようになっていて設備が充実しているところが多いです。合葬式と位牌式は、他の人とスペースを共有することでかかる費用をかなり低くすることが出来ます。遺骨を大事に管理していくには、お金もかかる為金銭的な面も含めて選ぶようにすると良いと言えます。

費用を重視した葬儀とは

お経

藤井寺で人気のある葬儀会社は、シンプルな家族向けのお葬式のプランも提案する、地域密着型の業者です。最初に希望する予算を業者に伝えたうえでオプションを組み合わせたり、会員向けの割引制度を利用するのがポイントです。

詳しくはこちら

近しい人だけで送る葬儀

蝋燭

家族葬をする際は、不満を持たれることがないよう参列者の範囲を決めるとともに、参列ができない人のケアも忘れずにしましょう。家族葬は規模が小さめであることから、費用が安くすみます。形式も自由であり、ゆっくり親しい人だけで別れができます。門真には、充実した家族葬プランを提案しているところも多いです。

詳しくはこちら

安く最後の別れを行うには

線香

葬式を東成区で考えている人は、予算の上限を業者に伝え、無理のないプランにしてもらう、生前に節約ポイントを洗い出すなどの工夫で、安くすることができます。また、基本料金に含まれるサービス内容を確認するとともに、スタッフのセールストークにまどわされないようにし、余計な追加費用がかからないようにしましょう。

詳しくはこちら